耳の潤い

前回、女性の身体には10個の穴があるとお話ししました。

今回は耳の穴についてです。

耳の潤いって不思議な感じがしませんか?

図は耳の穴の奥です。こんなふうになっているんですね。

外から覗くと、耳にも毛が生えてます。この部分は約1㌢くらいです。毛の根本から分泌液が出ています。これが実は耳の潤い成分なんです。

耳の潤いは自家製ワックスです。耳の穴を乾燥や外部環境からの異物が入らないように守ってくれるのです。

耳掃除をみなさんされるかと思いますが、その時に取れるカサカサするのは何だと思いますか?耳垢だと思って「キレイにしなきゃ!」と思っていらっしゃいませんか?

体表面の皮膚の場合には、新陳代謝で古い角質が剥がれるのは『垢』となりますね。

実は、耳の場合、古い角質ではなく分泌液が異物と一緒に体外に排斥されるモノが「耳垢」となります。これは身体の自浄能力により手をかけなくても身体の外に自然に出て行きます。なので医学的には耳掃除はしないのでも平気なんだそうです。

例え耳が痒くても、耳かきや綿棒などを使ってかいてしまうと耳の中の皮膚に傷をつけてしまう危険性があります。

そして、耳の毛が生えている部分より奥の鼓膜に近い部分は皮膚が薄く、毛が生えていません。すると分泌液が出ていないため保護されていないのです。だから耳の奥に傷がついてしまうと菌が繁殖して化膿したり痛くなることが起こります。

どうしても、耳掃除をしたくなったら綿棒をワセリンやベビーオイルで薄く塗って耳垢をくっつけやすくして絡めて取るようにしましょう。欲張って1㌢以上奥に入れないように控え目にして下さい。

正しいケアをして、気持ちよく耳を清潔に保ちましょうね🍀

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!